ぽぬメモ!

ただのゲーム好きオヤジ

Max Verstappenの週末、エミリアロマーニャとニュルブルクリンク

マックスは今週末のエミリアロマーニャGPに、
キャンピングカーを手配し自分のシミュレーターとインターネット回線を積み込み持ち込んだ。

そして、F1のイベントが始まる前に、インターネット回線とシミュレーターの動作を入念にチェックしたようだ。

 

F1エミリアロマーニャGPの予選が終わり、決勝までの時間、iRacingのニュルブルクリング24時間耐久レースにTEAM REDLINEのエースドライバーとして参戦している。

いくら商品総額が1億円を超えるようなeSportsイベントだとしても、本気ぶりが伺えるし、それを許可したチームもすごい。

 

そのレースの模様は、散々公開されているので、
少し前の中国GPからマイアミGPの間に、マックスが走った
バージニア・インターナショナル・レースウェイでのMX-5の走行を貼っておく。 

www.youtube.com

もしかしたら、MX-5のほうが参考になるかもしれない。

iRacing以外のシムだとrFactor 2にコースと車があるのでいずれ試してみたい。

 

そういえば、トニー・カナーンがGRカローラで岡山を走って、
1コーナーで「イン巻き」していたので、
マックスの岡山の走りも残っているかみてみた。

 

残念ながら、箱車で本気で走ったものはなかったがF3があったので、
そちらを観てみる。

www.youtube.com

 

レブスピードや、TIPOのミーティングでも使われる岡山国際サーキットは、
練習にもってこいのサーキットだとおもうが、公式なフォーミュラーカーのレースは、随分行われていない。

 

F3の動画としては、コンディション不良の練習走行の動画があったので、こちらも参考にしようと思う。

www.youtube.com

 

また、F4の動画としては、野田樹樹選手が岡山国際サーキットを本拠地としていたので、11歳でF4マシン(フォーミュラU17チャレンジカップ)でのコースレコードを記録している。

www.youtube.com

 

なお、日本のF4は16歳以上の年齢制限がある。
また、FIAのF4では15歳以上と、ルールが違っていて、これは合わせたほうがいいと思う。

 

ところで、

F2では、アンドレア・キミ アントネッリが17歳のため、F1スーパーライセンスの資格がないと言われているが、

経験があっても、残念ながら年齢と共に反射神経は衰える。

そう考えると、年齢制限は体の発達が影響するのであったほうが良いが、普通自動車運転免許証が必要というルールは不要と思う。

普通自動車運転免許証に、心、体、反射神経が必要とすると、まずは高齢ドライバー問題に解決しないと示しがつかないだろう。

 

アメリカのデータでは、サポカー的なものが増えても事故は減っていない。

むしろマニュアル車が多いヨーロッパを参考にしたほうが良いのではないだろうか。

 

2つしかないのにアクセルとブレーキを踏み間違えるとかわけわからないし、
教習でアルファロメオ155に乗って、簡単になりすぎたり、自分の運転が上手く感じる家電のような車を対策したほうが良いと思う。

 

 

引用 ChatGPT無料ユーザーが最新の「GPT-4o」を使う方法

引用元ascii.jp

ascii.jp

おお、これにしよう。

月あたり3,000円は高いよね😱

 

Github copilotも、個人開発者には厳しく月あたり1,000円払うのなら、Visual studioプラグインだけじゃなくXcodeとかのプラグインも公式で用意して欲しい。Microsoft参加とはいえ皆んなのGithubだから。

 

実車の話。

ちょっと、我が家のクルマの話題は先になりそうなので、
たまたまYoutubeで観た印象に残った動画を貼っておきます。

 

その1

www.youtube.com

九州にあるホンダ系チューニングショップが、GRスープラGT4スーパー耐久に参戦するのに、いくらぐらいお金がかかっているかという動画です。

 

車体はBMWで生産されているそうで、輸送費とか結構高いですが車体自体は2000万円+オプションということで、市販車の3倍と考えると、この車を作るとしたら、街のチューニングショップでも、これぐらいの値段にはなると思います。

ただ、タイヤ(毎レース6セット)、ガソリン、参戦費用、人件費など高くて驚きました。

GT4からGT3になると、べらぼうに高くなるそうなので、埼玉や岡山の自動車ディーラーがSuperGTに参加しているのは、もうとんでもない金額が必要になっていると思われます。

 

日本でも小さい車のスプリントレースが盛んになって、参加も感染の敷居が下がって盛り上がってほしいです。

 

その2

www.youtube.com

 

これはアメリカの草レースですが、EGシビック(SiやSi-Rではない)に、
K20Aエンジン(2リッターNAのType-Rに使われていたエンジン)を移植したマシンです。軽量化と剛性アップ、足はフロント18kg、リア16kgぐらいになっているそうで、エンジンはメカチューンで235馬力だそうです。

コルベットを追い回す速さもすごいですが、戸田レーシングあたりの鍛造ピストンが組んでいるのでしょうか、1万回転まわるオンボード映像は迫力があります。

ここまでやると、リアが出て大変そうです。

 

ところで、今は新車も、中古車もとてもかえない値段になっています。

悲しいですね。。。。

www.goo-net.com

F1 2024 Miami GPはあっという間に終わってしまった。

まだ、スロットルやブレーキバランス、デフ、ダウンフォースなど何もしっくりと行っていないので、こちらにテスト走行の動画を貼ってみました。

ちなみにアシストは全て切ってます。

 

www.youtube.com

「マイアミGP市街地コーステストドライブ」(ぽぬ。お寿司)

 

極低速のコーナーと8速全開でサチっている直線があるので、妥協が必要そう。

 

そして、左→左→左と回り込む中速コーナーから高速コーナーは、強烈なダウンフォースがあるので、いくらでも曲がっていく感じ、もちろん、ラフな操作で一気に乱れてコースアウト、クラッシュする。

低速コーナーでは、もう足の動きでグリップとトラクションを得なければならず、スロットル操作も敏感。

そして、路面はグリップが低めで、毎回安定したブレーキングやコーナリングでタイムを刻むことも、タイヤ、燃料などが変化する中では、難しく感じました。

 

まずは、低速の区間用のブレーキバランスと、デフのセッティングを見出す必要がありそうです。

 

そういったわけで、格の違いを貼っておきます。

www.youtube.com

2024 Miami GP Preview with Esteban Ocon

 

www.youtube.com

Charles and Carlos’ Miami Guide | Miami Grand Prix Preview